お気に入りのロレックスをオーバーホールしよう|質を維持する方法

維持費を安くする

男の人

メーカーと一般修理店

ロレックスは有名なスイスの高級時計ですが、その精密さを保つために4年から5年おきにオーバーホールと言う分解清掃をすることが推奨されています。オーバーホールの依頼はメーカーに出すのなら日本ロレックスに直接持込むか、郵送でも受け付けており、期間は数週間から1、2か月という事が多いようです。オーバーホールの手順にある以外の部品交換や修理が必要になる場合には、部品代などがかかる事もあるので、費用が多くかかるケースもあります。ロレックスでのオーバーホールは費用が高いので、メーカー以外の修理店でオーバーホールを受けるというユーザーもいます。一般の修理店ではメーカー修理より3、4割程度安いと言われていますから、長期的にみて維持費の節約をしたい場合には検討すると良いでしょう。但し、その場合にはロレックスのオーバーホールに慣れていて、数をたくさん扱っているしっかりした修理店を選ぶ事が肝心です。インターネットにはロレックス愛用者が利用している修理店を比較しているサイトや、お勧め修理店を出しているブログなどもあるので、良く調べて慎重に選ぶと良いでしょう。オーバーホールの内容は時計を分解して洗浄し、それぞれのパーツに油を注してパッキンを替え、調整を行ってから防水テストや品質テストを行います。高級時計のメーカーでは同じような工程が行われますが、ロレックスでは他のメーカーでは行わないケースの研磨も行っているので価値があると言われています。